霊慰める6000の灯籠 夏の風物詩「福島とうろう流し花火大会」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
先祖や震災犠牲者の霊を慰めるため並べられた灯籠=20日、福島市・阿武隈川河畔

 福島市の夏の風物詩、福島とうろう流し花火大会は20日、県庁裏の阿武隈川河畔で開かれた。6000個を超える灯籠の明かりが暗闇に浮かび上がり、訪れた人が亡くなった人を思いながら静かに手を合わせた。

 福島とうろう流し発興会の主催、福島青年会議所の共催。原発事故後、川底などの放射性物質の影響を考慮して、灯籠は流さず川岸に並べて供養する「万灯供養」の形を取っている。17日に予定されていたが、台風で阿武隈川の水位が高くなったことから20日に延期された。

 市仏教会による法要が行われ、訪れた人は焼香の後、灯籠を地面に並べた。最後に花火が打ち上げられた。

民友セレクション