殺人と死体遺棄容疑で逮捕 警備会社の元同僚、郡山の男性殺害

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市逢瀬町の山林で5月、警備員男性の遺体が見つかった事件で、郡山北署捜査本部は21日午後8時20分ごろ、殺人と死体遺棄の疑いで、同市、無職車田和也容疑者(26)を逮捕した。捜査本部によると車田容疑者は「自分がやった」と容疑を認めている。関係者によると、車田容疑者と男性は警備会社の同僚だったという。

 捜査本部が車田容疑者が1人で殺害などに及んだ疑いが強く、2人の間にトラブルがあったとみて動機などについて調べを進める。

 逮捕容疑は、5月15日正午ごろ、同市逢瀬町の山林で、同市、警備員岡部大樹(ひろき)さん=当時(25)=を殴るなどして殺害、近くに遺棄した疑い。

 岡部さんは15日午前、自宅から車で外出。18日に山林で遺体で見つかった。

 捜査関係者によると、家族が17日夜、同市逢瀬町の林道で岡部さんの車を発見、同署に通報したが、車の場所を家族に伝えたのが車田容疑者だったという。岡部さんは外出して間もなく暴行を受けたとみられる。致命傷は後頭部にあり、車田容疑者が背後から凶器で殴った疑いがあるという。

 捜査本部は現場付近の目撃情報や岡部さんの関係者の話などから、車田容疑者が事件に関わった疑いがあるとみて捜査していた。捜査本部は22日、車田容疑者を送検する。

民友セレクション