福島県人口、10月にも190万人割れ 夏場「社会減」増える傾向

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県が23日に発表した1日現在の推計人口は、前月比865人減の190万1530人(男性94万299人、女性96万1231人)となり、早ければ10月に190万人を割り込む見通しとなった。

 夏場は例年、転出者数が転入者数を上回る「社会減」が増える傾向にあり、7月と同様に、8、9月ともに800人規模で人口が減少すれば、10月にも190万人を割る見込み。

 8月1日現在の人口推計の内訳は、出生者数が死亡者数より少ない「自然減」が530人。出生者数は1101人(男性552人、女性549人)、死亡者数は1631人(男性817人、女性814人)だった。

 社会減は335人で、転入者数が2032人(男性1268人、女性764人)、転出者数が2367人(男性1324人、女性1043人)。世帯数は74万2325世帯で、前月より198世帯増えた。

民友セレクション