野菜ちらし寿司で「なりすまし」防止 棚倉・運動支援メニュー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
根岸さんが考案した野菜ちらし寿司

 「なりすまし詐欺」の被害防止のため棚倉署が展開する「カメカメ運動」を支援しようと、棚倉町の東西しらかわ農産物直売所「みりょく満点物語」に併設されている旬彩レストラン山ぼうしの料理長根岸祐さんは、新メニューの「野菜ちらし寿司」を開発した。根岸さんは、同運動の啓発チラシとレシピを1枚に印刷して配布するなどして、被害防止に活用してもらう考えだ。

 根岸さんは、同運動の合言葉「たしかめて」の頭文字を取り、「たくさんの野菜」「新鮮な食材」「乾物」「飯」「手作りの愛情」をキーワードにレシピを考えた。ニンジン、インゲン、トウモロコシ、卵、鶏肉、しみ豆腐などを使っている。

 同JAは、直売所でレシピを配布するほか、同レストランで26日までの期間限定で提供するという。

民友セレクション