福島県飯舘に「道の駅」来夏開所 「誇れる復興拠点に」、建設工事の安全祈願 

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
道の駅の完成予想図

 全村避難が続く福島県飯舘村が、同村深谷字原前に建設する道の駅「までい館」の建設工事安全祈願祭が26日、現地で行われ、出席者が工事の無事を祈った。来年夏ごろのオープンを予定している。

 道の駅は木造平屋で延べ床面積は約1080平方メートル。直売所や食堂、道路情報提供コーナーなどを設け、小型車約50台、大型車7台分の駐車スペースを整備する。村が建設し、指定管理者制度で事業者に運営を委託する方針。

 安全祈願祭には村幹部や工事関係者、村民らが出席。菅野典雄村長がくわ入れした。菅野村長は「先人に誇れ、次世代に引き継いでいけるような復興拠点にしていきたい」と述べた。  

 道の駅は県道原町川俣線沿いに建設される。

民友セレクション