笑顔輝く体操...親子元気いっぱい 元気UPプロジェクト・会津若松

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
体を動かす面白さ、大切さを伝えるたにぞうさん

 子どもの体力や運動機能の向上を目指す「ふくしま元気UPプロジェクト」の本年度初めての親子イベントは28日、会津若松市の会津大で開かれ、参加者が元気いっぱい体を動かした。県と福島民友新聞社の主催、県教委、県私立幼稚園・認定こども園連合会などの後援、リオン・ドールコーポレーションの協賛。

 約160人の親子が参加。NHKの教育番組「おかあさんといっしょ」への楽曲提供や振り付け指導で活躍する、創作あそび作家たにぞうさんが出演した。本県の子どもたちのためにと、たにぞうさんが作詞、TRFのSAMさんが振り付けを手掛けた新曲「空にはいつもほら太陽!」を初披露。笑いを織り交ぜながら踊りを指導した。

 たにぞうさんは「体操は狭い部屋でもできるので、たくさん遊んで目に見えない宝物を見つけて」と呼び掛けた。親子は気持ちいい汗を流し、笑顔を輝かせていた。会津地方の民俗芸能「かんしょ踊り」やキビタン体操のステージも盛り上がった。

 次回はいわき市のいわき明星大で、9月10日午後6時から幼稚園教諭や保育士を対象にした講座「ふくしまっこ育成セミナー」、同11日午前9時から親子イベントを開く。いずれも無料。問い合わせは事務局(福島民友新聞社東京支社内、電話03・3563・5390)へ。

民友セレクション