復興へのダンス練習、湊中生徒 EXILEの復興プログラム、岩手国体で披露へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
生徒に丁寧にダンスを教えるNAGAREさん(左)

 人気ダンス&ボーカルグループ「EXILE(エグザイル)」のメンバーらが企画する震災復興プログラム「中学生ライジングサンプロジェクト」は30日、会津若松市の湊中で行われ、全校生徒43人がダンスを習得しようと練習に励んだ。

 ダンスで子どもたちに元気を届けようと2012(平成24)年から始めた取り組みで、湊中では一昨年に続き2度目。生徒は10月11日に岩手県北上市で開かれる第71回国民体育大会の総合閉会式で、同県大船渡市の赤崎中の生徒らと一緒にダンスを披露する。

 同グループのダンススクールのNAGARE(ながれ)さんと中村紫乃(しの)さんが訪れた。2人は同グループが復興支援ソングとして歌っている「ライジングサン」のダンスを披露した後、振り付けを指導した。生徒は慣れない動きに苦戦しながらも、体を動かす喜びを味わい、笑顔を見せていた。9月にも練習会を2回開く。

民友セレクション