「エヌシーアイ電子」解散決定受け須賀川市が再就職支援へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本カーバイド工業の完全子会社でプリント配線板などを製造する須賀川市のエヌシーアイ電子の解散決定を受け、市などは31日、情報収集に追われた。

 同社には7月末時点で107人の従業員がいるが、地元雇用も多い。従業員の大半が解雇となる見通しのため、関係団体からは地域雇用への影響を懸念する声もある。

 市の担当者は31日、「ハローワークなどと連携して再就職を支援していく」、ハローワーク須賀川は「地元企業の説明会開催なども提案し、協力していきたい」と話した。

 日本カーバイドは「市民も多く働いている。相談に乗るなどして再就職を支援していきたい」としている。

民友セレクション