「福島県芸術祭」喜多方で開幕 郷土芸能を披露、12月まで

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「田島祇園祭しゃんぎり」が披露された開幕行事=4日、喜多方プラザ文化センター

 第55回県芸術祭の開幕式典は4日、喜多方市の喜多方プラザ文化センターで行われ、出演者が芸術の秋にふさわしいステージ発表を披露した。県芸術文化団体連合会、県、県教委、会津17市町村などの主催、福島民友新聞社などの後援。

 本年度は「飯豊の峰に響け!文化の祭典」がメインテーマ。12月までの期間中、重点地区の会津など県内全域で約100の主催行事や参加行事を繰り広げる。

 式典では、県文化スポーツ局の安斎睦男局長、運営委員会の高城俊春委員長、会津地区実行委の山﨑信子委員長があいさつ、山口信也市長が祝辞を述べた。

 引き続き、地元の慶徳稲荷神社お田植踊り(喜多方市)、田島祇園祭しゃんぎり(南会津町)など会津の郷土芸能が披露された。

民友セレクション