花の力で元気に!野口勝宏さん写真展 9日開幕、新作など展示

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
色とりどりの花の美しさが楽しめる野口さんの作品

 第26回みんゆう県民大賞の芸術文化賞に輝いた写真家野口勝宏さん(56)=郡山市=の写真展は9日、福島市万世町の福島銀行本店地下大ホールで開幕する。19日まで。期間中は土、日曜、祝日も開催。10日午前11時からトークショーを開く。

 新作を含む約60点を展示する予定。180センチ四方の大型の作品も数点披露される。トークショーでは、野口さんが東日本大震災以降、「花で街を明るくしたい」「花の力で人を元気にしたい」との思いを強くしたきっかけや、「花を中心にすると、みんなが幸せな気持ちに変わっていくという不思議な日々を体感した」というエピソード、「言葉の壁、国や文化、立場の違いさえも飛び越えて共感し合える花の喜びを多くの人に感じてほしいという思いに突き動かされている」という撮影の様子を紹介する。

 野口さんは、国内外に福島の花の写真を発信し、昨年7月には世界最大規模の国際写真コンテスト「ニコンフォトコンテスト2014―15」の写真部門で、日本人で初めてグランプリを獲得。今年5月には全日本空輸(ANA)が復興支援のため就航した「東北フラワージェット」の機体デザインに作品が採用された。

 写真展、トークショーとも入場無料。写真展の時間は午前10時から午後6時まで。問い合わせは福島民友新聞社編集局庶務部(電話024・523・1435)へ。

民友セレクション