【ふくしま滝めぐり-トッカケの滝】 背戸峨廊...最初に現れる大滝

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【いわき市】いわき市出身の詩人・草野心平が命名したことで知られる「背戸峨廊」で最初に現れる落差約10メートルの大滝。トッカケとは取っ掛かりの意味がある。駐車場からトッカケの滝までは約30分。沢沿いを歩くため、十分な装備が必要。現在、トッカケの滝から先は、通行が制限されている。難易度普通。

 【アクセス】常磐道いわき中央インターチェンジより車で約30分。JR磐越東線「江田駅」下車、徒歩約10分。

民友セレクション