福島の立てこもり男、包丁使い女性監禁か 凶器の特定進める

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市のアパートで会社員女性が監禁された事件で、福島北署が逮捕監禁などの疑いで逮捕した伊達市、会社員、容疑者男(23)は包丁を使って女性が部屋から出ないようにしていた可能性があることが5日、関係者への取材で分かった。

 同署は、アパートにあった包丁を詳しく調べ、凶器の特定を進めている。

 関係者によると、引っ越し業者は女性の父親からの要請で「女性が監禁されているようだ」と110番通報した際、「男は包丁のようなものを持っている」と告げたという。

 同署は5日、容疑者を送検した。

民友セレクション