「シリコーン製太陽光パネル」開発 燃えにくく軽量、用途拡大期待

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 産業技術総合研究所(産総研)は5日、シリコーンゴムを用いた新たな太陽電池モジュール(太陽光発電パネル)を開発したと発表した。燃えにくく軽量で割れないなどの利点があり、電気自動車や住宅の屋根に設置するなど用途の広がりが期待される。

 信越化学工業(本社・東京)と共同で開発した。従来の一般的な太陽電池モジュールにはガラス基板や可燃性の有機部材が使われているのに対し、新型にはシリコーンゴムでできたシート状の封止材や、燃えにくい素材のフィルム表面材が用いられている。アルミ合金板に直接設置できるため、架台に固定するためのアルミフレームも必要ない。

 シリコーン封止材は比較的高コストだが、従来型モジュールに必要なガラスやアルミフレームなどの部品を削減することで全体のコストを抑える狙いがある。

 産総研などは、現在行っている温度サイクルや紫外線照射の試験の結果を踏まえ、実用化を想定して開発を進めていく。

 新型モジュールの住宅などへの活用が進めば、家庭のエネルギー管理システムを備えた「スマートハウス」や、消費エネルギーとつくり出すエネルギーの差し引きがゼロの「ゼロエネルギーハウス」の導入拡大が期待される。

民友セレクション