児童が乳搾り体験、酪農の仕事学ぶ いわきで「もーもースクール」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
乳搾りを体験する子どもたち

 全国の牧場主でつくる地域交流牧場全国連絡会は6日、いわき市の小名浜二小で震災復興支援事業「もーもースクール」を開いた。児童が、乳搾りなどを通して牛と触れ合い、酪農家の仕事に理解を深めた。

 被災地の子どもの心を癒やそうと、本県と岩手、宮城両県で開かれている。

 2年生と特別支援学級の児童計約80人が参加。酪農家の指導の下、ホルスタイン牛の乳搾り体験や、機械による搾乳を見学し、酪農の仕事を学んだ。

民友セレクション