「ぐるめな宴会」郡山で10月1日開催 日本酒に合う料理提供

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
参加を呼び掛ける大野会長(右から3人目)ら

 10月1日の「日本酒の日」にちなみ、郡山市の飲食、サービス業関係の業者らでつくる郡山美味(おい)しい街づくり推進協議会(大野勝久会長)は同日午後5時45分から、同市虎丸町のホテルハマツで地酒と地元産の食材を使った料理を味わう「日本酒で乾杯・こおりやまぐるめな宴会」を開く。

 同市で昨年3月、地酒などによる乾杯を推進する「乾杯条例」が施行されたことから、創立25周年記念事業として企画した。市内の6蔵元が日本酒を提供、日本酒に合う和洋食の料理をビュッフェ、立食形式で味わう。地元産のソフトドリンクも用意する。午後6時には、日本酒造組合中央会が呼び掛ける全国一斉乾杯に参加する。

 大野会長と山口哲蔵、小平一夫、野内哲夫の3副会長、篠崎拓事務局長が9日、福島民友新聞社郡山総支社を訪れ、「満足してもらえる料理、酒を設定したい」とPRした。事務局の郡山商工会議所開発観光課の佐藤綾主任主査が同行した。料金3500円で定員300人。チケットは同商議所で取り扱っている。定員になり次第締め切る。

民友セレクション