「曼珠沙華」植栽面積日本一へ 二本松でまつり、多彩イベントも

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
咲き始めた曼珠沙華を見て回る関係者

 二本松市の安達ケ原ふるさと村や隣接する安達ケ原公園、阿武隈川堤防に曼珠沙華(まんじゅしゃげ)(和名彼岸花)の花を植え、植栽面積日本一を目指す「安達ケ原ふるさと村の景観を良くする会」の第1回曼珠沙華まつりは10日、開幕した。

 約5.5ヘクタールに約21万6000本が植えられている。同会は22日、満開の時期に合わせ、ふるさと村で本まつりのイベントを開く。和雅美太鼓の演奏やチンドン屋パフォーマンス、観光PR隊「二本松少年隊」の演舞などが予定されている。

民友セレクション