親子が笑顔で創作体操 いわきで「ふくしま元気UPプロジェクト」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
歌と体操を満喫し、笑顔を輝かせる子ども=11日午前、いわき市・いわき明星大

 子どもの体力や運動機能の向上を目指す「ふくしま元気UPプロジェクト2016」の親子イベントは11日、いわき市のいわき明星大で開かれ、親子約320人がオリジナル体操などに取り組み、体を動かす楽しさを学んだ。県と福島民友新聞社の主催、県教委、県私立幼稚園・認定こども園連合会などの後援。

 NHKの教育番組「おかあさんといっしょ」への楽曲提供や振り付け指導で活躍する、創作あそび作家たにぞうさんが出演。本県の子どもたちのためにと、たにぞうさんが作詞、TRFのSAMさんが振り付けした新曲「空にはいつもほら太陽!」を披露。ユーモアを交えながら、体を動かすことの楽しさ、大切さを伝えた。たにぞうさんのステージに先立ち、民俗芸能ステージが行われ、地元の「磐城じゃんがら遊劇隊」がじゃんがら念仏踊りを披露し、子どもたちに伝統文化を伝えた。キビタン体操のステージも行われ、会場を盛り上げた。

 次回の親子イベントは12月11日、福島市の十六沼公園体育館で開かれる。参加無料。問い合わせは事務局(福島民友新聞社東京支社内、電話03・3563・5390)へ。

民友セレクション