危機意識の低さ露呈...立地町、東電に怒り 第2原発警報オフ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力が福島第2原発(楢葉、富岡町)内への不審者の侵入を検知する機器の警報音を鳴らないよう設定していた問題が明らかになった。本県などに未曽有の被害をもたらした福島第1原発事故を教訓に「比類なき安全を創造し続ける原子力事業者になる」との決意の下、安全改革に取り組む東電が露呈した危機管理に対する意識の低さに、立地町などからは怒りの声が上がった。

 福島第1原発事故に伴う避難指示が昨年9月に解除され、避難住民の帰還を進める楢葉町の松本幸英町長は「核燃料を保管する施設の重大さを考えれば、東電の対応は極めて遺憾だ。これまで以上の安全対策を徹底してほしい」と厳しく指摘。富岡町の宮本皓一町長は「これでは警報器を設置しなくてもいいという状況と変わらない。あってはならないことだ」と憤った。

 県の菅野信志原子力安全対策課長は「法律で求められている最低限のことができていない。二度とこのようなことがないよう反省してほしい」と述べた。

民友セレクション