福島の信夫山で白骨化した遺体 男性が発見、通報

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 12日午前11時30分ごろ、福島市森合字南向山の信夫山で白骨化した遺体を見つけたと、除染作業員男性から110番通報があった。

 福島署によると、遺体は女性で身長140~155センチ、左手首に骨折の治療痕があり金属プレートが埋め込まれていた。黒系のフード付きジャンパーと灰色のセーター、黒色のセーター、黒系のスエットズボン、黒系の靴下、黒の防寒ブーツを着用していた。所持品などはなかった。同署が事件と事故の両面から調べている。

民友セレクション