綾瀬はるかさん、3年連続『いくからなし』 会津藩公行列参加へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会津まつりの会津藩公行列に3年連続で参加する綾瀬はるかさん

 会津若松市は15日、会津の秋の風物詩「会津まつり」のメイン行事「会津藩公行列」(25日)の特別ゲストに、大河ドラマ「八重の桜」の主人公新島八重を演じた女優の綾瀬はるかさんが参加すると発表した。3年連続の参加で、綾瀬さんは「ふくしまのみなさま! 今年もまたいくからなし。呼んで頂いてありがとなし」とコメントしている。

 綾瀬さんは2014(平成26)年から会津藩公行列に参加している。1、2回目は、八重のドラマ衣装に身を包んで市内を巡り、沿道に詰め掛けた観衆を喜ばせた。「さすけねぇか」「ありがとなし」などの会津弁を使ったあいさつも好評を呼んでいる。

 記者会見で室井照平市長は「秋の行楽シーズンにさらに大きな弾みがつく」と語った。会津藩公行列は、鶴ケ城で午前9時55分から出陣式を行い、同10時25分に市内へ向けて出発。時代衣装姿の一行約500人が城下町を練り歩く。綾瀬さんは出陣式であいさつし、パレード車両で4時間ほど回る予定。

民友セレクション