東北2番目!巨大コメ倉庫「美米蔵」完成 会津高田工業団地

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
東北で2番目の規模のコメ倉庫「美米蔵」

 「ふくしまの米」会津広域連合集出荷施設「美米蔵(うまいぞう)」が会津美里町の会津高田工業団地に完成し、16日に現地で式典を行った。農業関係者らが巨大なコメ倉庫の誕生を祝った。

 同施設は鉄骨平屋、延べ床面積約7800平方メートル。低温農業倉庫5室とフレコン検査場を設けた。年間2万4500トン、常時9767トン(最大16万俵)の会津産米を収容する。東北では2番目の規模となる。

 式には、施工主のJA全農などから約70人が出席した。猪股孝二JA全農県本部長が「長期安定の集出荷の基幹施設が誕生した。安定した福島のコメの供給ができる」とあいさつ。大橋信夫JA福島五連会長、伊藤純一県会津農林事務所長、渡部英敏会津美里町長、長谷川一雄JA会津よつば組合長が祝辞を述べ、テープカットして完成を祝った。

民友セレクション