「最善の準備が重要」 なでしこ・佐々木前監督が人材育成論

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「成功に向けて最善の準備が重要」と話す佐々木さん

 監督としてサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」を2011年女子ワールドカップ(W杯)で初優勝に導いた佐々木則夫さんの講演会は13日、郡山市のビッグパレットふくしまで開かれ、佐々木さんが若手の能力を発揮させる方法を解説した。

 福島労働局、若年者地域連携事業事務局の主催、福島民友新聞社などの後援。企業経営者や人事担当者ら約200人が参加した。

 佐々木さんは「人材の育て方と組織のありかた~なでしこから学ぶ、100%の力を出したくなる組織の作り方」をテーマに講演。なでしこジャパンで若手とベテランを融合させ、世界一に導いた過程を振り返りながら「成功の反対は失敗ではなくチャレンジしないこと」と持論を展開。「成功のプログラムはなく、それに向けて最善の準備を進めることが重要」と説いた。参加者は、自社の人材育成に生かそうと熱心に聞き入っていた。

民友セレクション