「忘れん脳レシピ」を試食し学ぶ 会津若松で認知症予防講座

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
試食後に折り紙を楽しむ参加者たち

 会津若松市の会津西病院は17日、認知症について理解を深める講座を開いた。市民が予防に効果のある料理などを学んだ。  

 世界アルツハイマー月間にちなんで開かれ、市民約30人が参加。講話の後、市食生活改善推進員が作った認知症予防に効果のある料理「忘れん脳レシピ」を参加者が試食した。  

 メニューは「サバ缶とニラのお焼き」「ひじきと切り干し大根のパルメいため」などの3品で、参加者は自分や家族の認知症予防に向け、栄養素のバランスなどを理解しながら調理法を学んだ。

民友セレクション