待望の「七日町観光案内所」開所 会津若松、ときおパフェも提供

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
さまざまな地場産品が並ぶ案内所内

 会津若松市の七日町通りまちなみ協議会(渋川恵男会長)は16日、歴史的な街並みが人気の七日町通りに「七日町観光案内所」を開所させた。同日、開所セレモニーを行い、より一層のにぎわい創出を願った。

 大勢の観光客が訪れる七日町通りだが、店舗や名所などの案内所がなかった。そこで観光客の利便性を高めようと、JR七日町駅近くに、空き店舗を活用して係員が常駐する案内所を設置した。地場産品をはじめ、アイスと会津産の煎餅、はちみつを使った「ときおパフェ」も提供する。

 開所セレモニーでは、渋川会長、室井照平市長、戸田光昭県会津地方振興局長、池田哲哉会津若松観光ビューロー常務理事らがテープカットを行った。時間は平日が午前10時~午後4時、土、日曜、祝日が午前9時~午後5時。観光客が使えるトイレもある。

民友セレクション