あんどんの明かり、幻想的な夜を演出 いわき市遠野で満月祭

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会場を幻想的に彩るあんどんに見入る親子

 いわき遠野歳時記2016第12回満月祭は17日、いわき市遠野町の遠野高などで開かれ、約2000個のあんどんの明かりが遠野地区の夜を彩った。いわき遠野満月祭実行委員会の主催。

 メイン会場の同校グラウンドやサッカー場には、メッセージやかわいらしい絵柄が描かれたあんどんが設置され、会場は幻想的な雰囲気に包まれた。

 国内外で活躍する横笛奏者の鯉沼広行さんらによる横笛コンサートや、地元の青年会によるじゃんがら念仏踊りなどが繰り広げられた。茶会や琴の演奏、面の絵付け体験なども行われ、遠野地区の秋の風物詩を盛り上げた。

民友セレクション