航空機を間近で見学 福島空港「空の日」フェスティバル

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ロシアへのチャーター便などが間近で飛び立った

 福島空港「空の日」フェスティバルは17日、同空港などで開かれ、来場者が間近で航空機を見学したほか、ウルトラヒーローやご当地キャラクターと触れ合うなどした。

 実行委の主催、福島民友新聞社などの後援。空の日(20日)、空の旬間(20~30日)に先立ち、空港に親しんでもらおうと開催された。会場では、空港ターミナルビル探検ツアーやANAちびっこコスチューム、コンテナトロッコツアーなど多彩なイベントが催された。

 17日は、空港エプロンの一部が開放され、来場者はロシアのハバロフスクに飛び立つチャーター便を見送った。ウルトラヒーローショーでは、ウルトラマンオーブ(スペシウムゼペリオン)らが登場し、怪獣との対決で会場を盛り上げた。

民友セレクション