びっくり!ジャンボメニュー堪能 いわき市好間で交流ツアー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
特大サイズの天丼やメンチなどが並んだテーブル

 いわき市の好間町商工会が展開するまちおこし事業「ジャンボメニュー」を知ってもらうツアー「よしまジャンボ満喫交流ツアー」は17日、同市好間町などで開かれ、宮城県から訪れた商工会関係者らが特大サイズのメンチなどを堪能しながら、風評払拭(ふっしょく)に向けた取り組みに理解を深めた。

 東日本大震災前から取り組むジャンボメニューで、地域活性化や風評払拭につなげようとツアーを企画。今回は宮城県亘理山元商工会と富岡町商工会の関係者らが参加した。

 好間町商工会館では天丼やハンバーグ、コロッケ、シュークリームなど特大サイズのメニュー7品がテーブルに並べられ、参加者らが大きさに驚きながら口に運んでいた。クラップスチアリーダーズ約20人がダンスを披露し歓迎した。

 参加者らは好間町のほか薄磯・豊間地区なども訪れ、復興の状況を確認した。

民友セレクション