自宅訪ねてきた男を孫と思い込み...80代女性が450万円被害

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 須賀川市の80代女性が自宅を訪ねてきた男を孫と思い込み、現金450万円をだまし取られたことが21日、須賀川署への取材で分かった。同署は、詐欺事件として捜査している。

 同署によると、女性方に15日午後3時ごろ、男2人が訪れた。そのうちの1人が首都圏に住む孫に似ていたため、女性は孫と、孫の上司が来たと思い込んだという。男が「今日中にお金を返さなければならない。明日返すので450万円貸してください」などと話したため、女性は金を貸す約束をした。

 男2人が立ち去った後、「代わりの男が行くからお金を渡してほしい」などと電話があり、女性は同日午後4時ごろ、訪ねてきた別の男に、自宅にあった金を手渡した。

 16日になっても金を返すとの連絡などがなかったため、女性が不審に思い、娘に確認したことで詐欺と分かった。

民友セレクション