一日署長に「ダブル武藤」 秋の交通安全運動、二本松で啓発活動

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
駅の利用者に啓発チラシを手渡す武藤さん(右)と神奈月さん=JR二本松駅

 秋の全国交通安全運動は21日、「身に付けよう正しいルールと反射材」をスローガンにスタートした。二本松署は、「日本マット界の至宝」と呼ばれるプロレスラー武藤敬司さんと、武藤さんの物まねなどで知られるタレント神奈月さんを「一日署長」に委嘱。"ダブル武藤"がオープンカーに乗り、交通安全パレードを行った。

 運動は30日までの10日間。"ダブル武藤"は、市民に交通安全を考えてもらう機会にしてもらおうと、二本松地区交通対策連絡協議会と同署が起用を決めた。

 同署で出動式が行われ、「ムトウコール」に乗って登場した武藤さんと神奈月さんが、集まった交通安全関係者を前に訓示した。2人はオープンカーに乗り同署からJR二本松駅までを関係者とパレード。沿道にはカメラを構えた大勢のファンが詰め掛けた。同駅では2人が駅利用者に啓発チラシなどを配布した。

 特設ステージでのトークライブも行われ、武藤さんと、「なりすまし」と称された神奈月さんが交通事故防止をテーマに軽妙なトークを繰り広げた。夜光反射材の活用も呼び掛けた。

民友セレクション