純金製の置物など80点を展示販売 27日から福島で「中合黄金展」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
展示販売する純金製の置物や仏具を紹介する黒崎社長

 福島市の中合福島店は27日から、同店で純金製の竜の置物や仏具などを一堂に集める展示会「中合黄金展」を開催する。31日まで。

 同店では数十年ぶりとなる開催で、純金製の置物など約80点を展示販売する。願い事をかなえるとされる純金の昇竜の置物などは、大きいもので約4600万円の価値があるという。七福神やフクロウ、ハローキティなどをモデルとした置物や純金製の仏具も並ぶ。

 入場無料。時間は午前10時~午後7時30分(最終日は同5時)。

 中合の黒崎浩一社長は25日、福島民友新聞社を訪れ、「黄金展を含め、今後も福島の人たちに喜んでもらえる企画を考えていきたい」と来場を呼び掛けた。紺野卓也外商1部門長・サテライト会津改革担当が同行した。