「裁判員候補者」呼び出し再開へ 南相馬、葛尾、川内の3市村

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島地裁は28日、原発事故の影響で裁判員裁判への呼び出しを見合わせている南相馬、葛尾、川内の3市村の避難区域外に住む裁判員候補者について、11月から呼び出しを再開すると発表した。

 地裁は「避難指示の解除や郵便、交通事情の回復状況を踏まえ判断した」と説明するが、避難生活など震災、原発事故の影響を理由に参加が難しい候補者については「辞退を申し出れば柔軟に対応する」としている。南相馬市は地裁本庁、葛尾、川内両村は地裁郡山支部で開かれる裁判員裁判の裁判員対象となる。

 引き続き呼び出しの見合わせを継続している地域がある。地域次の通り。

 南相馬市、川俣町、葛尾村(避難区域のみ)、飯舘村、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町