本宮市屋内運動場「まゆみアリーナ」完成祝う 落成式で野球教室

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テープカットとくす玉割りで完成を祝った高松市長(前列中央)ら

 本宮市屋内運動場「まゆみアリーナ」の落成式は30日、同所で行われ、関係者らが完成を祝った。

 同施設は、子どもたちが気兼ねなく遊べる環境をつくろうと国の助成を受けて整備。鉄骨平屋建てで延べ床面積は約1380平方メートル。砂入りの人工芝でフットサルや野球練習、ゴルフ練習などにも使用可能という。

 式には約200人が出席した。高松義行市長、渡辺由紀雄市議会議長が「長く愛される施設として育てていきたい」とあいさつ。高松市長や岩根スポーツ少年団の渡辺悠生君(岩根小6年)、同市と友好都市を結ぶ埼玉県上尾市の代表らがテープカットし、記念のくす玉を割った。

 引き続き、楽天イーグルスベースボールスクールによる野球教室も行われた。

 楽天とスポーツパートナー協定

 本宮市は30日、プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する楽天野球団(仙台市)と「スポーツ交流活動等に関するパートナー協定」を締結した。同日、「まゆみアリーナ」で締結式を行い、高松義行市長と森井誠之楽天野球団執行役員営業本部長が締結書を取り交わした。

 同協定は本県で猪苗代町に続いて2自治体目。野球を中心としたスポーツの交流活動を通じて、本宮市のスポーツの振興と青少年の健全育成を図る。