「応援されて幸せ」 陸上の千葉選手、笑顔でラストラン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「ラストラン」を終え、笑顔を見せる千葉選手=30日、日産スタジアム

 陸上の日本選手権リレー最終日は30日、横浜市の日産スタジアムで各種目が行われ、女子1600メートルリレー決勝では今季限りで現役を引退する千葉麻美選手(31)=東邦銀行=が最後のレースを迎えた。千葉選手は報道陣の取材に「たくさん応援されて幸せな気持ちで走れた」と晴れやかな表情で語った。

 東邦銀行(武石この実、千葉麻美、新宮美歩、青木沙弥佳)は3分42秒09で2位。千葉選手は「悔しい結果で終わったが、この4人でバトンをつなげたことがうれしい」と話した。会場には陸上部の部員や友人、行員ら多くの人が応援に駆け付けた。

 千葉選手は2008年北京五輪代表。400メートルで51秒75の日本記録を持つ。11年には出産を経験し「ママさんランナー」としても注目を集めた。引退を決めた理由を「リオ(五輪)の年で一区切りつけようと思っていた」と明かした。右膝のけがも一因となった。