冬の気配、福島県内各地で今季最低気温 西郷に霧氷

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
霧氷で白く彩られた旭岳と、甲子高原の紅葉=30日午前、西郷村

 福島県内は30日、冬型の気圧配置に加え、上空に寒気が入り込んだことで各地で冷え込んだ。

 福島地方気象台によると、最低気温は福島市鷲倉(土湯温泉町)で氷点下1.3度、猪苗代町で2.6度、浪江町で5.1度と今季最低だった。

 西郷村の甲子高原付近から望む旭岳では、樹木などに氷が付く霧氷(むひょう)が見られた。国道289号を下郷町方面に向かう途中の「キョロロン村」付近から紅葉した山々と霧氷で白く彩られた旭岳の共演が楽しめ、観光客らを魅了した。

 同日は猪苗代町から見た磐梯山でも霧氷が確認された。