原発事故賠償受けた知人に因縁 2000万円恐喝容疑で50歳男逮捕

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発事故に伴う賠償金2000万円を知人から脅し取ったとして福島署は1日午前9時35分、恐喝の疑いで福島市、会社員、容疑者男(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は9月20日午後10時ごろ、同市の飲食店で、同市に住む知人の会社員男性(40)が東電から賠償金を受け取っていることに因縁をつけ、翌21日に2000万円を自分の口座に振り込ませ、脅し取った疑い。

 同署によると、容疑者は容疑を認めているという。容疑者は男性が賠償金を受けていることを以前から知っており、一緒に飲食していた際に因縁をつけて脅したという。男性が9月下旬に同署に相談、10月下旬に被害届を出した。