『日本一大きな文化祭』開幕 アニメ、音楽、コスプレ...「マジカル福島」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
痛車がずらりと並んだ会場=3日午後、会津若松市・やすらぎの郷会津村

 福島県内12市町村を舞台に「日本一大きな文化祭」をキャッチフレーズにした「マジカル福島」が3日、県内各会場で開幕した。県内映画やアニメ、音楽、コスプレなど多彩なイベントを繰り広げ、福島の現状を世界に発信する。6日まで。三春町のアニメ制作会社「福島ガイナックス」などでつくる実行委の主催。

 初日はJR郡山駅西口駅前広場でオープニングセレモニーが行われ、実行委員長の浅尾芳宣福島ガイナックス社長が「福島の文化を発信するスタートの日として、新しい福島の魅力を伝えていく」と開幕を宣言した。

 会津若松市ではアニメなどのキャラクターを自動車の車体に大胆にあしらった「痛車」が数多く並んだほか、コスプレ大会などが開かれた。

 実施市町村次の通り。

 福島市、二本松市、三春町、伊達市、田村市、会津若松市、南相馬市、郡山市、いわき市、白河市、喜多方市、小野町