飯豊山、うっすら雪化粧 喜多方市山都、15年より2週間ほど遅く

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
山頂付近がうっすらと白い雪に覆われた飯豊山=2日午前11時50分ごろ、西会津町・飯豊連峰一望の丘から撮影

 本県と山形、新潟の両県にまたがる飯豊山(2105メートル)で"初冠雪"とみられる降雪があった。

 会津若松市にあった福島地方気象台若松測候所が2010(平成22)年に無人化され、目視観測は行われていないが、登山道のある喜多方市山都町の総合支所職員らが2日、うっすらと白い雪に覆われた山頂の様子を確認した。昨年よりも2週間ほど遅い降雪とみられる。

 西会津町奥川の国道459号沿いにある「飯豊連峰一望の丘」では、カメラなどを片手に山並みを撮影する人の姿が目立った。