重さ100キロ、『太郎石』持ち上げ力競う 300年の伝統、福島県須賀川

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
石の持ち上げに奮闘する参加者

 福島県須賀川市塩田の菅船神社秋季例大祭に合わせ、恒例の伝統行事「太郎石持ち上げ大会」が3日、同神社境内で開かれた。参加者は重い石を持ち上げようと奮闘した。

 大会は、境内に続く石段を積み上げる際に、住民らが石を担いで力を競い、心身を鍛えたという言い伝えが由来とされる。約300年の歴史を誇る。

 参加者は重さ100キロ前後の太郎石、少し小さい次郎石のいずれかで持ち上げる高さを競った。地元の子どもたちも優勝を目指して参加。周囲の声援を受け、歯を食いしばりながら力を発揮した。