室屋選手、世界の操縦技術を披露 福島でファンミーティング 

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
地上すれすれを飛行し、レクサスと並走する室屋選手の機体(中央)

 飛行機の「レッドブル・エアレース・チャンピオンシップ」で年間総合6位に入った室屋義秀選手(43)=福島市=のファンミーティングは3日、同市のふくしまスカイパークで開かれた。来場者が室屋選手と交流を深めながら、空の魅力を堪能した。

 同イベントは、室屋選手とスポンサー契約をしているレクサスとブライトリングの協力で開催。室屋選手はアクロバットショーで世界屈指の操縦技術を披露したほか、トークセッションで重力や機体のシートベルトなどレースにまつわる話を披露し、招待客約200人を沸かせた。

 室屋選手の機体が地上すれすれでレクサスの乗用車「LC500」と並走するイベントでは、来場者が豪華な共演に目を奪われていた。

 室屋選手は6月の第3戦千葉大会で初優勝。第26回みんゆう県民大賞のスポーツ賞を受賞している。