東北道で20歳女性死亡 事故で車外へ...後続車にはねられる

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 5日午後6時25分ごろ、二本松市の東北道二本松―本宮インターチェンジ(IC)間上り線で、郡山市、会社員、女性(20)が男性の乗用車にはねられた。20歳の女性は約1時間後に死亡した。また、南会津町の女性(19)も足の骨などを折る重傷。

 県警高速隊と安達地方消防本部によると、20歳の女性と南会津町の女性が乗った乗用車が単独事故を起こし、エンジンルームから出火した。

 事故で20歳の女性が車外に投げ出され、道路に倒れていたところを後続の男性の乗用車がはねたとみられる。男性が「道路上で倒れている女性をひいてしまった」と110番通報した。

 事故の影響で東北道福島西―本宮IC上り線は午後6時35分から、一時通行止めとなった。同隊は詳しい事故原因を調べている。