おいしい調理方法で消費拡大へ 福島、県産肉使い料理セミナー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
おいしい料理の作り方に理解を深める参加者たち

 福島県食肉事業協同組合連合会は6日、国産食肉の料理方法を伝え消費拡大につなげようと、福島市民会館で料理セミナーを開いた。

 県内で年2回開催しており、この日は33人が参加。郡山女子大付属高教諭の佐々木淑子さんが講師を務めた。

 佐々木さんは県産の肉を使った和風ローストビーフ、ポークストロガノフ、丸鶏スープの冬野菜仕立ての調理を指導。

 参加者は佐々木さんの説明に聞き入った後、実際に調理に取り組んだ。