平商、2年連続最優秀賞 日本管楽合奏コンテスト高校B

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本管楽合奏コンテスト高校B部門は6日、東京・文京シビックホールで行われ、県勢は平商(いわき市)が2年連続で最優秀賞と審査員特別賞を受賞した。日本音楽教育文化振興会の主催。

 平商は自由曲にショスタコービッチ作曲「交響曲第10番ホ短調作品93より第4楽章」を選んだ。

 3年の加藤瑠菜部長(17)は「頑張ってきた努力が評価されて、うれしい」と受賞の喜びを語り、指揮した藤林二三夫顧問(62)は「生徒たちは実力を出し切り、全国の舞台で良い演奏ができた」と生徒をたたえた。