「くまモン」...9日に今年も来る! 南相馬・山田神社で『絆』確認

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
山田神社の社殿を再建中に訪問したくまモン=2015年11月、南相馬市鹿島区

 熊本県のPRキャラクターで同県営業部長のくまモンが9日、東日本大震災の津波被害のため移転、再建された南相馬市鹿島区北海老の山田神社を訪れる。

 同神社には、熊本県立球磨(くま)工高伝統建築専攻科の生徒が2012(平成24)年に鳥居と仮社殿を寄贈。14年から日本財団の支援を受けて本格的な社殿の再建が進められ、今年9月に完工遷座祭が行われた。

 くまモンは本県と熊本との絆を確認しようと、仮社殿の13年と社殿再建中の15年に同神社を訪問している。9日は4月の熊本地震の際の支援へのお礼として県庁を訪問し、午後2時30分ごろから完成した同神社を訪問する予定。

 同神社の森幸彦宮司は「子どもからお年寄りまで多くの人に参加してもらい、くまモンとの交流を楽しんでほしい」と呼び掛けている。参加は自由で事前申し込み不要。