自慢の福島県産品、首都圏にPR 県が東京・丸の内でフェア

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
首都圏の消費者に商品をアピールしたフェア

 福島県内企業が自慢の6次化商品を首都圏の消費者にアピールする県の「ふくしま6次化新商品フェア」は7日、東京・丸の内のKITTEで始まった。8日まで。

 初日は東栄産業(郡山市)と白河産業(白河市)、ハニー松本(会津若松市)の3社が出展。

 それぞれジャムや木綿製品、蜂蜜など自慢の逸品を販売し、消費者の反応を確かめていた。

 8日は3社のほかあぶくま商会(郡山市)も出展する。