バドミントン・桃田選手、郡山でも参加へ 17年2月の教室検討

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国内の違法カジノ店で賭博をしていたことで日本バドミントン協会から無期限の試合出場停止処分を受けた男子の桃田賢斗選手(22)=富岡高卒、NTT東日本=が、来年2月26日に郡山市で開かれるバドミントン教室への参加を検討していることが8日、分かった。

 NTT東日本の担当者によると、同社バドミントン部の地域貢献活動の一環。東日本を中心に部員が各教室で実技指導などを行っており、桃田選手は10月に新潟県で開かれた教室に参加した。

 同市の帝京安積高で開かれる教室では、小、中学、高校生を対象にした実技指導を検討しているという。日本代表のエースだった桃田選手は4月に発覚した違法カジノ問題で処分された。