カエデやモミジ...紅葉見ごろ 福島県本宮「蛇の鼻」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来場者が楽しむ見ごろを迎えた紅葉

 福島県本宮市の花と歴史の郷「蛇の鼻」の紅葉が9日、見ごろを迎えた。多くの来場者が赤や黄色に染まったカエデやモミジなどを見ながら、園内を散策している。

同園によると今週末がピークで、来週まで楽しめるという。

 園内にはイロハカエデ、ヤマカエデ、ドウダンツツジなどの樹木が並ぶ。木の葉も大きく、色づきも良く、来場者が足を止めて見入っている。

園内では、もみじ祭りも開催している。

 また、国の登録有形文化財「蛇の鼻御殿」では本宮菊友会による展示も行われる。

 問い合わせは花と歴史の郷「蛇の鼻」(電話0243・34・2036)へ。