福島県で東京五輪「野球・ソフトボール」 組織委が開催案了承

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は9日、東京都内で内堀雅雄知事と会談し、追加種目に決まった野球・ソフトボールの一部の試合を本県で開催する方針を伝えた。組織委は会談前に開かれた理事会で開催案を了承した。内堀知事は「震災10年の節目の年に、競技開催を通じて福島の復興が進んだことを海外に発信したい」と述べた。

 野球・ソフトボール競技を巡っては、10月に来日した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が、東日本大震災の被災地で1次リーグの日本戦を実施するアイデアを示していた。

 会場候補には福島、郡山、いわきの3市が名乗りを上げており、県や組織委員会、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が協議し開催球場を決める見通し。

 開催球場の決定時期などについて明言はなかったもようだが、WBSCのフラッカリ会長が19日にも福島市や郡山市の球場を視察する予定となっており、その前後には選定作業を進めるとみられる。関係者によると、福島市のあづま球場が有力となっている。

 今回の本県開催の方針は、組織委員会としての意思表示で、競技開催の正式決定は12月上旬に予定されているIOC理事会の場となる見通し。