【ふくしま滝めぐり-思いの滝】 若武者と姫の『悲恋伝説』残る滝

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【福島市】土湯温泉町の女沼のほとりから徒歩で15分ほど歩くと、水音が聞こえてくる。坂を下ると滝のそばまで行くことができる。二筋の滝が折り重なって一筋の滝となっており、周囲の紅葉と美しいコントラストを見せる。会津落城の際の若武者と姫の悲恋にまつわる伝説が残る。難易度普通。

 【アクセス】女沼は、土湯温泉街から徒歩約1時間、車で10分ほど。沼の周辺には駐車場もあり、案内の看板も設置。