半田山で清掃登山 福島トヨタがイベント、環境保全の意識高める

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
森の生態系について学ぶ参加者

 福島トヨタ自動車(福島市)は12日、桑折町の半田山で、自然体験を通じて環境保全の意識を高めるイベント「プリウス セーブ ザ フォレスト 2016」を行い、参加者が清掃登山に汗を流した。

 「福島トヨタクリーンプロジェクト~福島の水と森を守っていこう」の一環で、ハイブリッド車のプリウスとアクアの売り上げの一部を積み立てた「福島トヨタみず・もり基金」を活用して実施した。プリウスの所有者と、その家族ら約80人が参加した。

 スタート地点の半田沼から山頂までは約6キロ。清掃グッズを受け取った参加者はガイドの説明を聞きながら歩みを進め、山頂では眼下に広がる紅葉と半田沼の景色を楽しんだ。