菅野さん、高校王者 書評ゲーム「ビブリオバトル福島県大会」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 高校生による書評ゲーム「ビブリオバトル県大会」が12日、福島市の県立図書館で開かれ、観戦者が最も読みたいと思った本「チャンプ本」に菅野望さん(安達東3年)が紹介した「怪物はささやく」が選ばれた。県教委の主催。

 ビブリオバトルでは、生徒が5分の制限時間を使ってお気に入りの本の魅力を紹介する。発表後の全体討論を経て、観戦者が「どの本が一番読みたくなったか」を基準に投票し、得票数を競う。県内から15人が出場。3ブロックの予選を通過した6人が決勝に進み、書評合戦を繰り広げた。